新しい食の提案 創作日本料理 祇園こたに

こたにのこだわり

京料理の基本として、素材/材料の持ち味を最大限に生かし、素材/材料の持ち味に少し味を加える味付けを基本としている。
また水にも拘り、超軟水を使った生出汁は美味しさ満載。全国から美味しいものを取寄せ京のあじで提供を心掛けている。

店主紹介

店主紹介イメージ

「祇園 こたに」代表小谷 明宏
大阪生まれ、15歳で料理の道に入り修行。

神戸・大阪・京都の料理屋・料理旅館などの料理長を経て、2002年ホテルニューオウミ日本料理調理長に就任。

斬新なアイデアを持ちながら、包丁式などの伝統も大切にしたその料理は新しい日本料理を創造する小谷明宏の真骨頂でもある。

包丁式イメージ包丁式

腎臓病を煩いながらもチャレンジを忘れないその姿勢から、名工認定や技能グランプリ二位といった輝かしい賞を続けて受賞。

また、自身の経験から、「新しい食の提案」として、食べて美味しい減塩対応メニューを開発し、喜ばれている。

料理イメージ

【主な受賞歴】

  • 2006年包丁道正派四條流師範
  • 2008年京都府の現代の名工受賞
  • 2011年第二六回技能グランプリ 日本料理部門第二位
  • 2015年2015年度卓越した技能者(現代の名工)受賞
  • 2018年黄綬褒章 受賞

黄綬褒章 受賞イメージ黄綬褒章 受賞

店主紹介イメージ

包丁式イメージ包丁式

黄綬褒章 受賞イメージ黄綬褒章 受賞

料理ギャラリーはこちら

小谷明宏祇園こたにイメージ